« FMラジオパーソナリティとテレビ解説 | メイン | ブログシステムが変更となって・・・ »

昨日は久しぶりに自宅で・・・

「ゆっくりしました」と書きたいところですが、テレビでラグビーの試合を見ました。
トップリーグの三洋電機対トヨタ。
ラグビーの試合では、風の強さ、風向きが試合展開に大きく影響します。
前半(40分)風上だったトヨタは、キックオフから積極的に攻めて22−7と大きくリードしました。
この場面を見ると一方的な試合が予測されました。
しかし、もったいなかったのは風上でキックが伸びるにも関わらず、4つ奪ったトライ後のゴールキックが入ったのは1回(2点)だけでした。
そして、後半に入って風上となった三洋電機はキックをうまく使ってトヨタ陣内に入ります。
トヨタのディフェンスが厳しいので中々インゴールに持ち込んでトライ(5点)を奪うチャンスが生まれません。
そこで、飛び出したのがドロップゴール(DG3点)です。
ラグビーでプレー中に得点できるキックです。
地面のワンバウンドさせてから蹴るもので、ゴールポストに入れば3点獲得できます。
前半30分に入替えで入ったSO(スタンドオフ)入江が後半早々2分に決めて22−10。
トヨタがペナルティゴール(PG3点)を決めて25−10。
それから三洋電機がうまく攻めました。
20分に再び入江がDGで25−13。
27分PGを入れて25−16。
35分には48mのロングPGを入江が決めて25−19の6点差にしました。
ラグビーでは、1トライで5点、その後のゴールキックで2点。1プレーで7点獲得できます。
従って、三洋電機はリードしているトヨタに対して6点差にしたことで、残り5分で逆転できるチャンスを作ったのです。
そして、ノーサード直前40分にトライを上げて入江がゴールキックを決めて7点獲得25−26と劇的な1点差大逆転勝利を上げました。
トヨタは、前半のゴールキックが決まらなかったことと反則(ペナルティキック)が多かったことが敗因でしょう。
*反則は、三洋電機5、トヨタ17
ラグビーの解説でした。
今週末から連日秩父宮でのFM放送が続くので、色々な試合を見ておかなければなりません。

明日からフジテレビHPスポーツ「上田昭夫のひとりごと」のブログシステムが変わります。
ライブドアからフジテレビ独自のシステム!
入力方法を勉強しなくてなりませんが、写真処理(透かし入れ)がなくなるので、その分早くアップ出来ると思います。

この時季は銀杏の葉のじゅうたんが歩道に何箇所も出来ます。
%E9%8A%80%E6%9D%8F%E8%90%BD%E3%81%A1%E8%91%89.jpg
掃除が大変ですが、本格的な冬到来です。
そうなると鍋ですね。
さあ、鍋将軍としては腕を振るいたくなります!

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
http://sbmg.mobi/
上田昭夫の”食”ひとりごと
http://sbmg.mobi/
携帯電話向けサイトです

http://www.fujitv.co.jp/hitorigoto/

http://www.fujitv.co.jp/sports-biz/

http://www.fujitv.co.jp/rugbynavi/