aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« イエローカード3枚!出した!! | メイン | アスリートの割れた腹筋が羨ましい! »

ラグビーW杯

9/7(金)から4年に1回開かれるラグビーW杯(第6回)が始まります。
%EF%BC%B7%E6%9D%AF%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA.jpg
第1回:1987年・ニュージーランド(NZ)など、優勝NZ。
第2回:1991年・イングランドなど、優勝オーストラリア。
第3回:1995年・南アフリカ、優勝南アフリカ。
第4回:1999年・ウェールズなど、優勝オーストラリア。
第5回:2003年・オーストラリア、優勝イングランド。
第6回:2007年9/7~10/20・フランスなど、優勝候補NZ、南アフリカ、オーストラリア、フランス。
*開催国の「など」は、その国以外でも試合があります。

JRFU%E6%A1%9C.jpg
日本はこれまでの大会にアジア代表として出場し、今回で6回連続。しかし、結果は1991年にジンバブエに勝っただけで1勝15敗。
実力の差がありすぎるので、IRBは今回までの参加国20を次回(2011年NZ)から16に削減することを発表しました。
その参加資格は、今回の大会の予選4組の3位以内(各組5チーム)12チームと残り4チームを世界規模の予選で決める予定にしています。
日本は今大会予選で3位以内に入るためには2勝することが必要です。

現在IRB(世界のラグビーを統括する国際ラグビーボード)ランクで日本は18位。
予選プールで2勝するためのターゲットは、13位のカナダと12位のフィジーです。
残りの2位オーストラリアと8位ウェールズは実力的に勝つのが難しいことから、大会に登録された30人を2つにチームに分けて試合をするプランです。
そのジャパンを率いるのは、第1回大会のトライ王となったNZ人のジョン・カーワンHD(ヘッドコーチ)。
日本ではNECでプレーし、イタリア代表監督の経験もあります。
JK(ジェーケー)と呼ばれ、日本の文化を学んでW杯2勝を目指します。

ラグビーでは、国を代表する選手を国籍で決めません。これは追って詳しく説明します。
従って、日本代表には4人のNZ人、トンガが1人、日本国籍を取ったトンガ出身が2人がいます。
8/11に壮行会を終えて、翌日合宿地のイタリアに出発しました。
開幕まであと10日となりましたが、練習で肉離れ、調整試合では大黒柱の大畑大介がアキレス腱断裂、更に司令塔の安藤栄次が膝の靭帯損傷で、3人が帰国し入替え選手が日本から飛び立ちました。
チーム作りからして非常に心配です。

試合の模様は、Jスポーツが生中継します。
地上波では日本テレビが放送するようですが、他局ですから宣伝はしません。
やはりスポーツは”LIVE”です!!!
日本の試合は次の通りJスポーツ中継されます。
9/ 8(土)日本時間22:15~対オーストラリア。
9/12(水)  〃  24:30~対フィジー。
9/20(木)  〃  27:30~対ウェールズ。
9/25(火)  〃  24:30~対カナダ。
12日と25日の試合に勝てば3位以内に入れるでしょう。

その他、ラグビーの世界最高峰の試合が続くので、W杯が終わるまでは寝不足です。
日本の試合は、私が解説するパブリックビューイングをするかもしれません。
*左側キャップをかぶっているのがJK。右は元NZ代表(オールブラックス)ジョナ・ロムー
%EF%BC%AA%EF%BC%AB%EF%BC%86%E3%83%AD%E3%83%A0%E3%83%BC.jpg

Calendar

2010年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
http://sbmg.mobi/
上田昭夫の”食”ひとりごと
http://sbmg.mobi/
携帯電話向けサイトです

http://www.fujitv.co.jp/hitorigoto/

http://www.fujitv.co.jp/sports-biz/

http://www.fujitv.co.jp/rugbynavi/